3Dモデリング

3Dプリンター成形品

ワークサイズや特性の異なる3Dプリンターを取り揃え、小物から大物まで、金型レスにて製作します。
材質は12ナイロンとなります。また、強度や耐熱性が必要なパーツに適しているガラス入りナイロンも造形可能です。
造形品の着色、蒸着メッキ処理から、タップ加工、アウトサート金具の圧入など、機能評価のためのさまざまな加工に対応可能です。

対応する加工方法・材料の詳細は設備一覧をご覧ください

3Dプリンター 比較表

  光造形 インクジェット SLS FDM
使用材料 光硬化性樹脂 紫外線硬化樹脂 ナイロン系樹脂
(粉末)
熱可塑性樹脂
(ABS・PLA)
メリット 複雑形状◎ 表面○
(なめらか)
高精度
高耐久
カラフルな
材料が使える
デメリット 太陽光× 太陽光× 表面△
(ざらざら)
表面×
(積層面が目立つ)

みづほのオススメ! 粉末積層造形法(SLS法)

  • レーザー焼結(SLS法)による3Dモデリング
  • 光造形法のように紫外線により経年劣化しにくい
  • 機械的強度・靱性が高く、ワーキングモデルとして使いやすい
  • 手の平程度のサイズなら1個数万円~、納期2日~3日で対応
3Dプリンターハンドル
3Dプリンターヒンジ
3Dプリンターファン

 

ここが違う!みづほ合成の3Dプリンター試作の特長

  • 小物から大物まで対応(~650mm×300mm×450mm程度)
  • より大型の製品のご依頼にも分割造形により対応可能です
  • 3Dデータなしでも、スケッチや2Dデータでのご依頼可 (※データ作成は別途費用が必要になります)
  • ご希望により造形後に下地処理を行うことで、成形品同等の滑らかな質感と、クリアな塗装面が得られます(通常は紙やすりによる仕上げ)
  • 着色蒸着めっきにも対応
  • ガラス入りナイロン材を使用することで、通常~100℃程度に対して+10℃~+20℃程度の耐熱性向上が可能です
  • 機械強度弾性を活かし、実機に搭載してのテストのご相談にも対応
  • ファン(プロペラ)のバランス調整のように、設計変更とプリント出力を繰り返すトライ&エラーにも短期間で対応可能です
  • 3Dプリンター以外の試作・小ロット工法(切削加工など)にも対応しているため、透明樹脂や特殊樹脂、金属材料の加工も同時にご相談頂けます
  • 試作段階から量産化を見据えたアドバイスも行っております。 ぜひご相談ください( 詳しくは開発支援の事例をご覧ください)。
3Dプリンタースマホカバー
3Dプリンターカラー成形
3Dプリンター+めっき処理

 

樹脂加工のことでお悩みの方、みづほ合成が解決法をご提案します!何でもお気軽にお問い合わせください! TEL:052-361-8366 FAX:052-361-8360 お問い合わせフォームはこちらから

樹脂成形に関するお悩みやご相談、お見積もりについて何でもお気軽にお問い合わせください